Message

メッセージ

Tatsuya Kurahashi

手厚い教育が入社の決め手

入社の決め手はやはり教育体制の手厚さですね。文系出身だったので、研修やOJTが整備されている会社を志望していました。C3indexは基本的に複数の新人に対して1人の上長が教えるのではなくて、1対1の教育環境が魅力でした。そういった部分を軸として就職活動を進めて、管理部の方と面談する機会を頂き、その際に「必ず一人OJT担当が居て手取り足取り教えてもらえるよ」とお聞きし、手厚さを感じました。

また大きな会社にこだわるより、どちらかというと小さな会社の方が色々な仕事が回せて経験が積み上がるかなと。半年間の研修期間を経て基礎スキルを身につけた後、プロジェクトにアサインされることになります。実際に、やりたいことや興味関心があれば立候補できる環境でした。

手を上げれば様々な経験を積むことができる環境

最初の配属先は少しトラブルを起こしている案件に従事しました。最初からハードモードですね(笑)

C3indexは基本的に残業がないですが、その時のチームは「猫の手も借りたい」状態で、新人の私も全力を尽くして業務に当たりました。ただ、一番最初にハードな経験をしたからこそ、その期間でスキルが一気に身についたことは確実です。ターニングポイントとも言えると思います。

その案件と並行して、社内情報システム業務にも立候補しました。当時、ある担当の方に属人化している状況で、新メンバーを探していたからです。社内システムやPC・アカウント等の管理を担当しています。今ではメインで担当させていただいており、部下も二人つき、仕事を回しながら教育しつつ進めています。色々な問い合わせを受けながら、縁の下の力持ちとして会社に貢献できているので非常にやりがいがあります。

プロジェクト系の案件は、教育機関や自治体向けにコロナウイルス対策のシステムを担当しています。毎日検温した結果を学校側に提出する仕組みがあり、それをスマートフォンやWebを駆使して構築しています。検温や症状のデータを登録・管理できるシステムです。このご時世らしい、社会貢献を感じることができるシステムですね。

今後の展望と求職者へのメッセージ

今後はプロジェクトリーダーとして、管理職を目指しています。幸い、情報システム部で部下がいるので、似たような経験が積めています。一つ一つ積み上げていけば、スキルアップ・キャリアアップできる環境だと感じています。

これまで働いて、やはりいろんな業務を経験したいという方には向いている会社だと思いますし、どんどん手をあげて欲しいです。自分もそのような思いを持ち入社し、入社前とギャップのない経験をさせていただいています。是非一緒にチャレンジしましょう。