Message

メッセージ

Kenta Tsutsui

プライム案件で直接お客様の声を聞けるやりがい

前職はSES会社でお客様先に常駐して開発業務を行っていました。C3indexへの転職理由はやはりプライム案件を扱う点。お客様の声を聞いて、要件定義・設計の上流工程で価値を出していく。以前にはなかった大きなやりがいです。SESだとどうしても一次請負の方が居て、その先にお客様が居るので、直接声を聞くことが難しい。

C3indexの規模感でプライム案件を扱う会社は数少ないのではないでしょうか。大手ベンダーに比べて小回りが利き、お客様に自由な提案ができる点も決め手の一つです。この規模感が一番経営に直結するようなイメージです。

社風について、風通しの良さを感じた点もありました。皆さん自由な服装をされていますし、働きやすい環境の整備には力を入れているように感じています。

マネジメントとして最適な提案を続ける

大手製薬会社の担当SEとして5~6人のチームをマネジメントしています。現在は医療機関と教育機関を結びつけるためのワークフローシステムの開発〜保守を担当しています。やはり大きなお客様のシステムに携わることは、その分社会貢献度も高いと言えます。営業と連携してお客様の要望を吸い上げ、最適な提案をする。もともと上流工程を志しての転職でしたので、要望通りのポジション・働き方が実現できています。

今後はプログラマーというよりマネージャーとして、案件を獲得し、管理し、うまく回していくことを目指しています。C3indexはプログラムも自社で行っているので、プログラマーを極めたい方とマネジメントしたい方、両者にポジションが用意されています。柔軟なキャリアを後押ししてくれる環境があります。

柔軟なワークライフバランス

やはりC3indexの魅力は働き方の柔軟性や、スキル・キャリアを考慮して成長できる環境だと思います。それを実現できているのはプライム案件だからこそ。よく、IT業界は入社してからのギャップが大きいと聞きますが、実際にはとても良い環境でした。

実は育ち盛りの子供が3人います。子育てにかなり手を焼いていますが、テレワークや時差出勤、管理が行き届いた業務で残業がほとんどありません。早く帰ってあげて子供の世話をすることもできるので、その点良いワークライフバランスを取ることができています。家庭の事情も理解していただき、融通をきいていただけるのがとても有り難いと感じています。